Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

qooh's diary

TV Devotee

No 紅白 but Johnny's Countdown 2013-2014

ARASHI

40ゲート 1塁側 1通路 で鑑賞。ドーム相変わらず寒いので、今晩はとうとうコートを脱がなかった。

実質中堅グループが卒業したcountdown。KAT-TUNくん達だけはVideoで参加。紅白組は出ない、というスタンスなのかな?開演前はちょこっと紅白。今年は綾瀬はるかチャンのフォローを頑張ったようで。とっても緩い紅白だったみたい。嵐くん達が初出場して高揚してドームに来た時は胸が熱くなったな。確かに後輩君達に道を譲る時期なのかな。後輩君達が本気で潰しにきてほしいな。

今年のJCDはLiveが多くって驚いた。手越くんは圧巻だった。ドーム中に響き渡り伝わっていた。♪棚からぼたもち♪が一番盛り上がったのは笑った。Openingの♪硝子の少年♪で全員(恐らく)が踊っているのがよかった。嵐、関ジャニ、KAT-TUN達で観たかったな。

Kinki Kidsさんが明らかにGeneration Gapになっていて面白かった。自分達のファンをあそこまでいじることができるのって素晴らしい。銀テープが飛んだ後、争奪戦しているファンたちが新鮮だったよう。

最後に番宣とはいえ、香取慎吾くんが来たのは感慨深かった。生番組の仕切り、「皆さんは日ごろジャニーズの皆さんから元気もらっていると思います」もよかった。始めてMoving Stageに乗り挙動不審。周囲は初乗車?を疑う。

Kinkiさんの今年のステージはシンプル。昔は後で滝が流れていたなぁ。山車は嵐くん達が使ったのをリフォームかな?Movingをセンターとバックだけの単距離。横からだとなんだか見辛かったな。

嵐くん達の紅白はあとで再生かな。今年も紅白の司会が回ってくるのかな?それとも翔くんあたりが単独で司会とか。JCDはもう次世代に引き継がれたので、紅白の司会はなくても、普通に出演するのかな。